保存会 奏絲綴苑 について

綴織の伝承・普及に務めています


綴織技術保存会「奏絲綴苑(そうしつづれえん)」は、綴織の技術を保存するために活動しています。綴織職人、伝統工芸士の平野喜久夫を中心とした職人たちで組織されており、京都市上京区、北野天満宮に続く参道沿いの上七軒に工房があります。

工房では一度に2~4名が織ることができる大きな織機を含め、約16台の織機を完備しており、手織り体験なども行なっています。

名称 奏絲綴苑
所在地 〒602-8394 京都市上京区西柳町590-8(五辻七本松西入る)
メール tsuzureen@gmail.com
電話 090-8232-5228 (代表:平野喜久夫)

代表 平野 喜久夫(ひらの きくお)綴織職人 伝統工芸士

1939年、京都・西陣に生まれる。

伝統工芸士。綴織の機屋の父に師事し、3代目を継ぐ。

川島織物セルコンに入社後、40年あまり技術を磨く。

その後西陣織会館にて後継者育成などに携わったのち、2011年に綴織技術保存会「奏絲綴苑」を設立。

綴織の魅力を伝えるべく、工房を公開し、見学や体験教室などを行っている。瑞宝単光章叙勲。


アクセス

こちらから工房を360度カメラで撮影した画像をご覧いただけます。

バスをご利用の方

「上七軒」より徒歩 約3分

「北野天満宮」より徒歩 約4分

 

  •  JR京都駅から市バス50系統
  • JR二条駅から市バス55系統
  • JR円町駅から市バス203系統
  • 地下鉄今出川駅から市バス51・203系統
  • 地下鉄二条駅から市バス55系統
  • 京阪出町柳駅から市バス203系統
  • 京阪三条駅から市バス10系統
  • 阪急大宮駅から市バス55系統
  • 阪急西院駅から市バス203系統
  • 京福電車白梅町駅から徒歩で15分